コンテンツ
ヘッダ

言ノ葉スクラップ・ブッキング〜シーン&シチュ妄想してみた。〜

管理人が妄想したシーンやシチュエーションをショート・ストーリー(?)にしたもの。
ジャンルはファンタジー・恋愛などなど。

カレンダー

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
近所の幼馴染が実はカミサマで、その巫女に指名されてしまった少女の話
記事本文

JUGEMテーマ:オリジナルファンタジー

 


「美弦、あのさ、話あんだけど。今日俺ん家寄ってってくんねえ?」

 
ご近所に住む幼馴染の空也にそう言って呼び止められたのは、ある日の放課後のことだった。

 
「…………え」

 
このシチュエーションはまさかアレだろうか。いわゆる告白イベントというモノなんだろうか。

 
ど、どうしよう。恋愛経験ゼロの私に、まさかそんなイベントが訪れるなんて。

 
しかも空也のことは、本当にただの幼馴染としか思っていなくて、そんな風に意識したこともなかったのに。

 
「え、ええぇええぇぇえっ!?ちょ、ちょっと待って!そんなの困る!困るよっ」

 
パニクり過ぎて、思わず思っていたことがダイレクトに声に出ていた。

 
「……お前、何かヘンなこと考えてないか?」

 
その空也のシラけた顔に、悟る。……あ、これ恋愛とかそういうアレじゃ絶対ないや。

 
でも、じゃあ話って、何なんだろう……?

 

 

「なんか俺の家ってさ、代々『カミサマ』やってるらしいんだわ」

 
家にお呼ばれして改めてされた“話”は、何だかとんでもないものだった。

 
「…………え」

 
「だから、『カミサマ』。相変わらず反応薄いよな、お前」

 
「え、いや、だって……そんなこと急に言われても……」

 
「あっ、カミサマっても、キリスト教の神様とか、仏教の神様とか、その他もろもろの宗教の神様みたいな大層なもんと違うんだよ。日本に古くからいる八百万の神様ってやつ?一歩間違えば妖怪とかと一緒にされちまうみたいな、そういうゴチャゴチャっとした感じの」

 
「え、あの。仏教って神様じゃなくて仏様だと思うよ?」

 
「……つか、そんなん聞いてねぇし。相変わらず天然だな、お前」

 
呆れたように言った後、空也は彼の家に伝わってきた“秘密”というのを明かしてくれた。

 
何でも空也の一族・瀧神家は、ここ龍舞町の伝説にも残っている地域の守り神・龍神様を先祖に持ち、その力を代々受け継いできたのだという。

 
……で、今月13歳になる空也は、そろそろその力に目覚める頃だということで、そんな『カミサマ』のパートナーとなる『巫女』を探しているらしい。

 
「で、お前にその『巫女』ってのをやってもらいたいわけだ」

 
「…………なんで私?」

 
「だって、俺が今まともに喋れる女子ってお前だけだし。幼馴染のよしみで頼むよ。なっ。いろいろとお得だぜ〜?巫女になっとくと!」

 
「え、だって、巫女って、今の話聞く限りじゃ、カミサマの花嫁みたいなもんじゃないの?それをそんな、身近にいるから私、みたいに決めちゃっていいわけ?」

 
私は焦る。だが空也には私が焦る理由などさっぱり分かっていないようだった。

 
「仕方ないだろ。今まで話したこともない女子に『俺の巫女になってくれ』なんてハードル高過ぎるじゃんか。下手したら学校中にヘンな噂流されて人生終わるぜ?」

 
……うん。これはアレだ。私と同じで空也も私のこと、全く恋愛対象として意識してないな。

 
でもまぁ、これなら人生のパートナー的なナニカになっても、ヘンに恋愛方向に流れることはない……かな?

 
「そういうことなら、まぁ……いいけど。でも、あくまで幼馴染のよしみで協力してあげるだけなんだからね!今後本当に空ちゃんのお嫁さんになるとか、考えてないんだからね!」

 

 

だが、空也のご両親も、その父方のご両親も、そんな風に幼馴染や知人の女の子を“とりあえず”で巫女に指名し、結局そのまま、なし崩し的に夫婦になっていったのだという事実を、私は後に知ることになる……。

記事続き
続きを読む >>
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.