コンテンツ
ヘッダ

言ノ葉スクラップ・ブッキング〜シーン&シチュ妄想してみた。〜

管理人が妄想したシーンやシチュエーションをショート・ストーリー(?)にしたもの。
ジャンルはファンタジー・恋愛などなど。

カレンダー

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
乙女ゲーム風小説・貴公子系キャラ攻略ルート(宮廷ロマンス風ルート)没シーン
記事本文

JUGEMテーマ:恋愛小説

 

「次は、エポルエ領国のエクナルフ宮殿です」

 

 そう言われて連れてこられた先は、まるでヴェルサイユ宮殿のような西洋風の宮殿だった。

 

 フランス革命前後のヴェルサイユを舞台にした某少女漫画の影響で世界史――特にヨーロッパ史に傾倒していった私にとっては夢のような場所だった。

 

「うわぁー……すごい。“異世界”なのに、すごくロココ調っぽい装飾……。素敵……。あ、でも、あっちのチャペルっぽい建物はゴシック様式的かも……。庭園の造りはフランス式かな……?あの生垣は薔薇……?あ、でも、この世界に薔薇は無い、かな?」

 

「いいえ、薔薇で合っていますよ。あの植物は貴女方の世界からこちらの世界にもたらされたものですから」

 

 興奮して一人ではしゃいでいた私は、イクスの言葉に我に返り、ぼっと顔を赤らめる。

 

「あ……その、すみません。一人で興奮してしまって。あの……私、こういう宮殿に憧れていて。でも、実際には行ったことがなくて、その……」

 

 恥ずかしくて顔を上げられない。

 呆れられてしまったのではないかと不安で、イクスの目を見るのも恐かった。

 

「我々の世界が貴女方の世界と類似しているのは、二つの世界が深い所で繋がり合っていて、我々が常に意識の深層で貴女方の世界――“地球”の影響を受けているからだと、リア文書には記されています。エスリヴェールの建築様式が貴女の世界のものと似ているのも、その表れなのかも知れませんね」

 

 イクスは呆れたり咎めたりするどころか、私のひとり言を拾って会話にしてくれた。

 その、相手に恥をかかせない気遣いに、かえって自分のコミュニケーション能力の低さを思い知らされた気がして、少し凹む。

 

 私ばかりがフォローされていて、私の方はイクスに何もできていない。

 イクスはこんな私と一緒にいて、楽しいのだろうか……?

 

「エポルエの春花の宴は、いつも趣向を凝らしていて見応えがあるのですよ。今回はどうやら、庭園でのガーデン・パーティー形式のようですが……」

 

記事続き

 

・ピクシブさんに投稿させていただいている乙女ゲーム風小説「選帝のアリス」の没シーンです。

 

・“乙女ゲーム”風というのは、単に乙女ゲーム風の“世界観”ということではなく、ピクシブさん独自の小説投稿用特殊タグを利用して読者が好きな攻略対象キャラクタールートを“選択”できるようになっている、ということです。

 

・今回載せた部分は第4章「四月は選帝のハジマリ」の貴公子系キャラ“イクス”のルート「イクスと春花の舞踏会」のエポルエ領国訪問シーンに入るはずだった部分です。

 

・実際投稿したものは、ここに載せたシーンをカットして「はしょって」います。

 

・没にしたのは1キャラのルートが長くなり過ぎる&全体のテンポが悪くなる、ということで削っただけで、特に内容が悪いという理由からではありません。

 

・攻略対象キャラの一人(皇帝候補の一人)イクス・リア・エウルブはヒロインが夢の中でログインするゲーム世界“エスリヴェール”の宰相の息子で、代々多くの皇帝および皇帝候補を輩出してきた名家の御曹司です。

 

・今回載せたシーンは、各国の王家と親交のあるイクスが、同じ日に複数の招待状を受け取り、宴を「はしご」しているシーンのうちのひとつです。

 

・皇帝候補として集められているのは全部で7人です。

 

・攻略対象キャラクターにより、ルートの雰囲気はかなり変わります。(宮廷ロマンス風だったり、RPG風冒険モノだったり……。)

前後の記事
<< 愛にあふれたこの世界で、君と | TOP | 踊り場の踊り子に捧げるモノローグ >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.