コンテンツ
ヘッダ

言ノ葉スクラップ・ブッキング〜シーン&シチュ妄想してみた。〜

管理人が妄想したシーンやシチュエーションをショート・ストーリー(?)にしたもの。
ジャンルはファンタジー・恋愛などなど。

カレンダー

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
若殿と幼馴染と鎮守神の和風ファンタジー・ラブコメ小説
記事本文

 

「時。お前に伝えねばならぬことがある」
 いつになく真面目な父の声に、時子は居住まいを正す。
「如何なるお話でございましょうか、父上」
「実はな、お前に縁談が持ち上がっておる」
 時子はわずかに眉を上げたが平静な態度を崩さなかった。時子の家は代々、国の家老職を務める家柄。いつかはこの話が出ることを、物心ついた頃から覚悟していた。
「それで、相手はどちらの家の御方なのでしょう?」
「それが、な……」
 父は珍しくひどく言いづらそうに言い淀む。娘の顔色を窺うように幾度も言いかけては止め、言いかけては止めを繰り返した後、ようやく意を決したように口を開く。
「我が国の若殿様なのだ」
 その瞬間、時子は固まった。父の言葉を頭がまるで受け付けてくれなかった。
 たっぷりの間を置いてやっと出てきた言葉は、政略のための結婚を幼い頃から受け入れていた名家の娘とは到底思えぬ悲鳴じみた叫びだった。
「じょおぉだんじゃありませんよっ!」
「……うむ。私も、冗談であれば良かったと、そう思うておるぞ」
「何故です!?何故私が、あの大うつ……若殿と夫婦にならねばならぬのですか!?」
「幼き頃より若殿の御側仕えを務めてきたお前であれば、あの若殿をお支えし、この国を良き方向へ導いていけるであろうという、殿のお考えでな……」
「要は若の御守をこの先もずっと私に押し付けようということですよね!?」
「いや、まぁ、その……な」
「私がこの十年以上、若の御側でどれほど大変な目に遭ってきたか、分かった上で仰っているのですか!?もうこれ以上は御免です!それに、今さら若とだなんて……あの若が御承知するはずがありません」
「……いや、若殿は存外乗り気でいらっしゃったぞ。『それはなかなか面白いな』と仰って」
 その言葉に、時子は開いた口がふさがらなかった。震える拳を握りしめ、時子はすっくと立ち上がる。
「私、今からお城に上がります。若に真意を伺って参ります!」

 

 

 時子が鬼の形相で“真意”を問い質すと、次期国主であるはずの若殿は、城下の子どもとほとんど変わらない汚れや破れ目だらけの着物でけらけらと笑った。
「ああ、その話な。聞いたぞ。あれは笑えるな。おぬし、そういえば女子であったのだなぁ。親父殿から話を聞くまですっかり忘れておったわ」
「忘れないでください!と言うより、意味が分かりませんから!若と初めに会ったときから私はちゃんと女だったでしょう!?」
「確かに昔は一応ちゃんと女子に見えていたがな。今はぱっと見どちらか分からぬぞ。おぬし何ゆえそのように男前に育ってしまったのだ?」
 目の前の時子を頭から膝まで一通り眺め、若殿は不思議そうに小首を傾げる。
「……誰のせいでこうなったと思ってるんです」
 時子は苦虫を噛み潰したような顔でつぶやく。
 若殿の言う通り、時子の姿は一見、女には見えないものだった。髪は頭の高い所で一つに束ねて馬の尾のように長く垂らし、着物も女物ではなく、名家の若君が着るようなすっきりとした袴姿だ。知らぬ者が今の時子と若殿を見たならば、まず間違いなく時子の方をこの国の“若殿”だと思うだろう。
 時子がこのような姿をしているのは、ひらひらした女物の着物では、到底この若殿の側に付いていられないため。そしてさらに言うなら、本来であれば若殿と歳の近い少年が務めるはずの側仕えを時子が女の身で務めているのは、この国で時子以外にこの若殿についていける者がいなかったためである。
「それで、私との縁組の件は、若の方からきっちりお断りいただけるのですよね?」
「断る?何ゆえだ?」
「何ゆえって、ありえないでしょう。先ほども仰っていたように、若、私のことを女子として見ていないではありませんか」
「わしはべつに構わぬぞ。嫁を娶るならば、わしに理解ある女子と昔から決めておったし、おぬしほどわしのことを理解しておる女子はおらぬだろうからな」
 特に何も考えていなさそうな顔であっけらかんと告げられたその言葉に、時子は憤怒した。
「『べつに構わない』なんていう適当な理由で嫁にされてたまるかぁあ〜っ!」
 

記事続き

 
・今後の展開はこんな感じ…。
    ↓
・このままではなし崩しににされると考えた時子は、若殿の嫁探しの旅に出ることを決意する。

「若、まともな嫁を探しに行きましょう。私もお手伝いいたしますから。と言うか、若だけを行かせたらどんな人を選んでくるのか気が気じゃないんで、ぜひ一緒に行かせてください。お願いします」

・だが、若殿が興味を示す女性は、いつも“国主の奥方”には到底向かない危なそうな人物ばかり。

「やめてください!どうしてわざわざあんな危険人物を選ぼうとするんですか!」

・時代は小国乱立の戦国の世。
各地を巡る中で大国の脅威を感じた始めた若殿と時子は、国を守る鎮守神を探すことにする。
 
・情報を集めて辿り着いた小さな社にいたのは、金の髪と瞳を持つ、幼い少年姿の神で…。
 
「わー!人間だヨー!よかったヨー!会えてうれしいんだヨー」
「こんな童が神?確かに髪や目の色は変わっておるが、真にこれが神なのか?一体何の神だと言うのだ?」
「僕は 夏高津日 ( ナツタカツヒ ) 。夏の高い太陽から照りつける日差しを司る神なんだヨー」
「い、いるんですね。そんな神様が」
「日の神でも夏の神でもなく、夏の日差しの神だと?とんだ期待はずれだったな。そんな神が一体何の役に立つ」
「ああぁぁあっ、若!はっきり言い過ぎですから!もっとやんわりとした物言いをなさらないと!相手は神様なんですよ!」
「そうなんだヨー。無礼なんだヨー。僕は古事記にだって載ってるれっきとした神なんだヨー。それに僕の役目は重要なんだヨー。夏にお日様の光がしっかり降り注がないと、農作物に影響が出るんだヨー」
「……どうします、若」
「まぁ、神は神だ。いないよりはマシだろう」
「また、そんな適当な……。あの…… 夏高津日神 ( なつたかつひのかみ ) 様。我々は我が国の鎮守となってくださる神を求めてここまでやって来ました。どうか我々の国においでいただけないでしょうか?」
「いいヨー」
「え……っ!?そ、そんなに簡単にお決めになって良いのですか?言っておきますが、我々の国はものすっごく小さいですよ?」
「いいんだヨー。どの道、このままじゃ僕、みんなから忘れ去られて妖になっちゃうんだヨー。神の力の源は人間の信仰心だから、僕らみたいな知名度の低い神は大変なんだヨー。どんな国でも鎮守神になれるなら、信仰心を一気に集められてお得なんだヨー」
「か、神様にもいろいろなご事情があるのですね……」
「じゃあ、さっそく契りを結ぶヨー!はい、握手するヨー!」
「えっ?は、はい。どうぞ」
時は言われるままにおずおずと手を差し出し、少年神と握手する。
「これで契約完了だヨー!これで僕は君の神さまになったんだヨー!」
「って、えぇえええぇっ!?今のが『契り』!?ちょ、ちょっと待ってくださいよ!さっき明らかに私の手を握りましたよね!それってこの方じゃなく、私と契りを結んでしまったということなんじゃ……」
「そうだヨー?だって君が、君の国の若殿なんでしょ?」
「ちちち、違いますって!さっきから私、こっちのこの人の方を『若』って呼んでいたじゃないですか」
少年神はしばらく無言で時子と若殿を見比べていたが、ぶるぶると首を振って笑った。
「うそだヨー。だってこの人、明らかにその辺のならず者だヨー。国の主となる者の威厳とか気品とかないんだヨー。その点君は落ち着きもあるし頭も良さそうだし将来有望そうなんだヨー」
「それは確かにその通りですけど!それでも我が国のお世継はここにいるこの若なんですよ!私はただの側仕え!国主の血筋ではありません!」
少年神はそれでも「えー?」と疑わしげに二人を見比べていたが、やがて無邪気に笑って言った。
「あはは。間違っちゃったヨー」
「間違っちゃったって、と、取り消せないんですか!?今からでも契りをやり直していただくわけには……」
「取り消せないヨー。神と巫の契りは絶対なんだヨー。君が死んじゃうか巫にあるまじき行いをしたりしない限りは解除されないヨー」
「そ、そんな……困ります!」
「良いのではないか?」
「若?何を仰っているのですか?良いわけないではありませんか!お世継たるあなたが契りを交わしてこそ、神を国にお迎えできるのですよ!?」
「だが、おぬしは将来わしのヨメとなるのだろう?ヨメのモノはわしのモノ。つまりその童神もわしのものということだ。だったらべつに構わぬではないか」
当たり前のようにそう言い放つ若殿に、時子は開いた口が元に戻らなくなってしまった。
そんな二人の会話を聞いていた少年神が、興味深げに改めて時子の姿を見つめる。
「ヨメって、君、もしかして女の子なんだ?」
「え?あ、はい。このような姿をしていますが、一応れっきとした女です」
「やったヨー!かわいい巫女ができたんだヨー!うれしいんだヨー!」

・こうして鎮守神を迎えられたものの、夏の日差しの神である夏高津日神は、夏以外はほとんど力を発揮できないということが発覚する。

「僕は夏のお日様を司る神だから夏以外では力を発揮できないヨー!秋と冬と春は充電期間なんだヨー!」
「じゅ、充電?」
「ほぼ一年中ではないか。その充電期間とやらには何もできないのか?ただの人と同じなのか?」
「失礼なんだヨー。僕のそばにいれば冬でもぽかぽかあったかいヨー!火鉢要らずだヨー!」
「そ、それだけ……なんですか?」

・夏高津日神が戦力にならないと踏んだ若殿たちは、別の神を探そうとするが…。

「僕のおともだちで、 春山之霞壯夫 ( ハルヤマノカスミオトコ ) っていう、春にたなびく霞を司る神がいるヨー。でも、あいつを仲間に入れるのはおススメできないんだヨー。春属性なら佐保姫様がいいヨー!春という季節そのものを司る神様で、力もあるし美人なんだヨー。でもヤマトの国の東にある佐保山に棲んでて、一年のうち大半はそこを動けないんだヨー」
「それでは鎮守にできぬではないか。もっとまともな情報は無いのか」

・こんな感じで、各地の“イマイチ知名度の高くない神様”たちと出逢っていく物語…を考えています。

・ちなみに夏高津日神は秋〜春は子どもの姿ですが、力を発揮できる夏になると青年姿に変身します。

「なななななななっ!?何っ!?だ、誰ですか、あなたっ!」
「誰とは、今さら何を申す。見て分からぬか?」
「えっと……なんだか、夏高様と同じ格好をなさっているようにお見受けしますが……」
「そうだ。夏高津日だ。そなたと契りを交わした神であるぞ」
「えぇええぇ!?だって、夏高様はいつもはもっとこう、小さくて愛らしくて……」
「私は夏以外は本来の力を発揮できぬと初めて見えた時に言うたであろう?これが私の真の姿だ。ようやく本来の姿に戻ることができた」
「夏高様……大人のお姿にもなれたのですね……。てっきり、ずっと童姿のままの神様なのかと……」
「うむ。ところで、時子。巫女とは本来、神の伴侶。となれば、そなたはこの私の伴侶ということになるのだが……」

・こんな感じで三角関係(?)が発生したりもします。

・そして、若殿は若殿で時子の頭を悩ませるばかりで…。
   ↓
「わしは神になどなりとうはない!むしろ魔王になるのだ!」
「何ですかそれ、どういうアマノジャクですか。そんなものになってどうしようって言うんですか」
「世の人々のために何かしてやるなど冗談ではない。わしはわしの好きなように生きるのだ!」
(この人をそんなものにしたら、本気で世界がまずいことになる)

「時。これで分かっただろう。観念してわしのヨメになれ」
「今ので何が分かるって言うんです?無理ですから。絶対に無理ですから!」
 


 
小説サイト「言ノ葉ノ森」に掲載している和風ファンタジー小説「花咲く夜に君の名を呼ぶ」と世界観を同じくする(時代的にはかなり後の時代ですが)セルフ・パロディ的な物語です。

・初めのうちは時代モノっぽい言葉遣いで書いていこうかと思っていましたが、早々に諦めました。
コメディですし、そもそもまだ正式な小説ではありませんし…。)

・アイディア出し段階でちょっと書いてみた感じなので、資料調べもまだ“ちゃんと”はしていません…。

・ヒロイン「時子」は、本当は「時」とか「お時」と呼ばせたいのですが、「時」だけだと文章の中で「時間」の「時」とパッと見、区別がつきづらくてややこしいので「子」をつけています。
若殿にはふざけて「時丸」と呼ばれたりしている、という設定が、うすらぼんやり頭の中にあります。

・夏高津日神は大年神の孫でオホゲツヒメの子神です。
「ナツノメノカミ」という別名を持つとされ、そちらでは“夏の女神”説があるので、男女どちらにも変身できる神という設定もアリかな、と…。

・若殿は某有名戦国武将をうっすらモデルにしつつも、彼よりいろいろな意味で「ダメな子」です。
……ラブコメ要員(しかもラブよりコメディ多め)ですので。

・春山之霞壯夫はいずれ若殿か時子と契りを結ぶという設定で、夏高津日神が夏以外子ども姿なのと同じように、春以外ではずっと子どもの姿をしています。
外見はふわふわした美少女顔の美少年ですが、藤弓に変身する能力を持ち、戦闘では役に立つという設定です。
ちなみに彼には秋山之下氷壯夫という秋の紅葉を司る兄神がいます。

前後の記事
<< 花火の中の一生 | TOP | ミトコンドリアの恋 >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.