コンテンツ
ヘッダ

言ノ葉スクラップ・ブッキング〜シーン&シチュ妄想してみた。〜

管理人が妄想したシーンやシチュエーションをショート・ストーリー(?)にしたもの。
ジャンルはファンタジー・恋愛などなど。

カレンダー

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
ほんの一瞬だけの青春
記事本文

JUGEMテーマ:青春(ヤングアダルト)小説

 

 結局、青春なんて、どこにあったんだろう。
 
 三年間、これでも必死に努力してきたつもりだったのに、記録を出すどころか、地区大会の代表にも選ばれなかった。
 
 学園ドラマやスポーツ漫画にあるような熱くてキラキラした青春は、俺の隣にいた、俺よりずっと才能も実力もあるチームメイトのもので、俺はまるで背景の名も無き観衆のように、そいつらの活躍を応援するだけだった。
 
 一体、何のために毎日汗だくになりながら、辛い練習をこなしてきたんだろう。
 いつかは見つけられるかも知れないと思っていた、競技に打ち込む意味も意義も、結局うすらぼんやりして見えないまま、今日でその辛い練習も終わる。

 
 今まで何度も「苦しい」「辞めたい」と思ってきたはずなのに、いざ「今日で最後」となると湧き上がってくる、この感情は何だろう。
 悔しさだとか未練だとか、そんなありきたりな言葉じゃ説明がつかない。
 
 両手にすくった銀の砂が、指の間をすり抜けてさらさらと零れ落ちていく――それを黙って見ていることしかできないような……切なさや、もどかしさに、どこか似た感情。
 

 もう、この先の結果も何も待っていない最後の練習を、ただ決められたスケジュールの通りに淡々とこなしていく。
 
 走って、地を蹴って、高く掲げられたバーを後ろ向きに跳び越える。
 数えきれないほどに繰り返し、もはや習慣のひとつにでもなっているかのような、一連の動作。
 
 けれど、これ(・・)も今日が最後。

 
 何の結果が出せたわけでもないのに。未練に思うほどの成績を残せたわけでもないのに。
 一体、何を惜しんでいるのだろう。
 

 自分でも分からないまま、バーへ向かってひた走る。
 がむしゃらに地を蹴って、助走で貯めた勢いを縦方向の跳躍力へと変換する。
 
 両足が地面から離れ、ほんの一瞬の浮遊感に包まれる。
 

 頭の中が空っぽになり、視界には、ただ青過ぎるほどに青い空の色だけが広がる。
 
 まるで時間さえも止まって、ただ青いばかりの世界に、自分だけが放り込まれてしまったかのように錯覚する、永遠のような――だけど実際には、秒にも満たないかも知れない、一瞬。

 
 その一瞬、ふいに理解した。
 
 俺はただ、この一瞬が好きだった。
 
 踏み切って、バーを跳び越えて、マットに沈み込むまでの間の、ほんの一瞬。
 
 まるで、大地からも重力からも――世界そのものからさえ、自由になれたような……。
 そんな不思議な解放感と爽快感で、頭も胸もいっぱいになる、この一瞬。

 
 この一瞬を味わいたかったから、この競技を選んだ。
 
 誰に褒められなくても、他人より良い結果を残せなかったとしても……ただ、この一瞬の快感を味わいたくて。

 
 記録を追い求める周囲の声や熱気に押し流されて、いつの間にか忘れてしまっていた。
 そのことを、今になって思い出した。
 

 指のすき間から零れ落ちていくように、かけがえのない一瞬が流れ去っていく。
 
 背中からマットに沈んでいきながら、無性に泣きたい気分に襲われた。
 

 俺はこれまでに幾度、この一瞬を繰り返してきただろう。
 これまでは当たり前に在った――けれど、この先はきっと味わうことのできない一瞬を。
 

 もっと早くに気づいておけば良かった。もっと早く思い出せていれば良かった。
 今さら惜しんだところで、もう時は戻らないのに。
 

 マットに倒れ込んだまま、すぐには起き上がらずに、俺は空を見上げ、今の一瞬を反芻する。
 

 ――青春なんて、どこにあるのだろうと思っていた。
 青春なんて、“選ばれた人間”にしか訪れないものなんだと思っていた。
 
 だけど、この一瞬の中に感じていた、身体の奥まで突き抜けるような心地良さは、“選ばれた人間”に与えられた栄光にも劣らないものだった。

 
 こんな、吹けば消えてしまう幻のような、一瞬だけの青春なんて、きっと俺以外の誰にも理解してもらえないだろう。
 
 そもそも、言葉で上手く説明できる自信すら無い。
 
 だけど確かに、ここには青春と呼んでいい何かがあった。何も無かったわけじゃなかった。
 

 この先、競技からも学生時代からも遠く離れた日常の中で、俺はふと、この一瞬を思い出すことがあるだろうか。
 その時、俺は何を思うのだろう。

 
 今日のこの空の色や、グラウンドの空気や、汗ばんで重く感じる身体の感覚や――今はまだ、当たり前にここに在る何もかもを、ちゃんと鮮明に思い出せるだろうか。
 

 せめて、俺がこの一瞬に感じていたものだけは、忘れられずにいるといい。
 
 そうして思い出すたびに、一瞬だけ、身体が世界から解き放たれた気になって、心がふわりと軽くなればいい。そう、思う。
 

 今はまだ想像もつかない未来の自分のために、ひとつでも多くのものを残しておこう――そんなことを考えながら、俺は、今、五感に流れ込んでくる全ての情報(もの)を、忘れないよう、深く胸に刻み込んだ。

 

記事続き

 


青春オムニバスSSシリーズ「青過ぎる思春期の断片(略して「青春断片」)」の第1弾です。
 
・このシリーズは「小説家になろう」さんにも同じ内容のものを投稿しています(https://ncode.syosetu.com/n9340ga/)。

・このシリーズは以前UPしてきた恋愛オムニバスSSシリーズ「まるで純度の高い恋の結晶のような…(略して「純恋結晶」)」姉妹シリーズのようなものです(恋愛要素の有無が違うだけ)。

・「走り高跳び」をモチーフにしていますが、作者は陸上部どころか文化系の部活・サークルしかやったことがありません。
(なので、何か間違った描写をしてしまっていたらスミマセン→サイトのアンケートフォームなどでご指摘いただけるとありがたいです。)

・「ほんの一瞬の青春」は何も体育会系部活に限らず、文化系なら文化系で、吹奏楽などで皆の演奏が気持ちよくハモった一瞬などに「ほんの一瞬の青春」がある感じがします。

・やったこともない体育会系の部活を選んだのは、シリーズ最初の1作ということで、内容をシリーズ・タイトルともカブせたかったためです。
空の青さ爽快感を出したかったので。)

・純恋結晶と同じく、青春断片も男女視点を交互に書いていくつもりです。

・純恋結晶同様、シリーズ中にはヘヴィーめの話もあるかと思いますが、重いだけの話にはしないつもりです(…たぶん)。

前後の記事
<< 明治時代・怪盗ファンタジー小説(途中・怪盗シーン編) | TOP | 明治時代・怪盗ファンタジー小説(途中・怪盗アクション後エピソード) >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.